忍者ブログ

ユーチューブを使って我が偏愛の一曲をご紹介します。
今回紹介するのはジェフ・バックリィ Jeff BuckleyLover, You Should`ve Come Over

ジェフ・バックリィ(1966~97)は90年代の奇跡だ。
その歌声の素晴らしさ、楽曲のレベルの高さ、バックバンドのサウンドとの一体感。
そして、その時代の流行とは全く無関係な音楽性。
当時、私は同時代のアーティストにはほとんど興味を失っていたが、彼は数少ない例外の一人だった。
とはいっても、私が彼を知った時には既に彼はこの世の人ではなかったのだが。

ほとんど一枚のアルバムのみを残してこの世を旅立ったが、残されたアルバム『グレース Grace』は信じられないほど素晴らしい内容であった。
世に言われるロックの名盤群に比肩する永遠の名盤といってよいであろう。

アルバムすべての楽曲が印象的なので、どれか一曲を選ぶのは極めて困難である。
一般的には『ハレルヤ HALLELUJAH』が挙げられることの方が多いかもしれない。
が、私はどれか一曲と言われたら『Lover, You Should`ve Come Over』を選ぶ。

とにかく、この曲はあまりにも感動的である…。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[508] [507] [506] [505] [504] [503] [502] [501] [500] [496] [495]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/23 mon]
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ