忍者ブログ

成瀬巳喜男監督の『娘・妻・母』を国内盤DVDで観た感想です。

cbe08b43.jpeg娘・妻・母』(1960)
監督:成瀬巳喜男
脚本:井手俊郎、松山善三
撮影:安本淳
音楽:斎藤一郎
出演:原節子、高峰秀子、森雅之、三益愛子、宝田明、団令子、草笛光子、小泉博、淡路恵子、仲代達矢、杉村春子、上原謙、加東大介、笠智衆

成瀬作品は好きだが、これは未見だったもの。
7大スター勢揃い”というキャストのメンツがとにかく凄い。(誰から誰までが“7大スター”なのかは分からないけど、“7人”以外のメンツも凄いのは確か)

とりわけ、当時15年ぶりだったという原節子高峰秀子の大スター二人の共演が珍しい。
しかも、高峰秀子の夫役が森雅之という、あの『浮雲』の名コンビ。
そういえば、原節子と見合いする京都の茶道の宗家を演じるのが上原謙と、こちらは『めし』の名コンビだ。
あえてそうしたのかどうかは分からないが、そういった配役の妙も感じられなくはない。

44960797.jpegたくさん人物が登場するので、整理すると、
母:三益愛子
長男:森雅之(その妻:高峰秀子)
長女:原節子(嫁いだ先の夫が亡くなる)
次女:草笛光子(夫は小泉博、姑が杉村春子)
次男:宝田明(妻は淡路恵子)
三女:団令子

映画の内容は山の手の中流家庭を描いたホームドラマで、親子の断絶を描いているところなども小津作品のテイストを強く感じさせるが、お金の融資やら、財産分与やらといった現代的なエピソードが1960年という時代を感じさせる。

内容は面白い映画なのだが、どこか物足りなさも残るのも確か。
エピソードを詰め込み過ぎたせいか。
原節子と高峰秀子の共演もどこかすれ違い気味だし…というか、高峰秀子にはほとんど見せ場がないのが何とも勿体無い。
一方で、宝田明団令子草笛光子といったところが持ち味を発揮しており、杉村春子も巧まずして笑わせる。

それにしても、原節子は未亡人の役が似合う。
彼女には珍しいラヴシーンもあるが、さり気ない色気が感じられて実に印象的なシーンとなっている。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
女優
画像 原節子 で 検索中です。原節子さん 美人ですね。今 動画で 原節子で検索して、青い山脈を見ています。
世界的 歴史的 美女を 探す会(名前検討中 原節子を語る会。映画同好会(名前検討中
原節子さんのラブシーン どういう画像なのかなぁ
謎の村石太&タイムトラベラー 2012/05/19_Sat_09:44:04 編集
原節子
謎の村石太&タイムトラベラーさん

原節子で検索して拙ブログにたどり着かれたのですね。
コメントいただきありがとうございました。
マサヤ@管理人 2012/05/24_Thu_01:01:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ