忍者ブログ

久々の日本映画だが、観たのは実は数ヶ月前。
前から当ブログで取り上げようと思いつつ、ずっとそのままになっていた作品。
e914b22b.gif成瀬巳喜男監督の『女が階段を上る時』(60年)は、銀座のバーで雇われマダムをしている圭子という一人の女性の物語。

監督:成瀬巳喜男
出演:高峰秀子、森雅之、仲代達矢、加東大介
製作・脚本:菊島隆三、撮影:玉井正夫、音楽:黛敏郎

一見、名作然とした作品ではないが、空気感というか雰囲気がたまらなく好きな映画というのがある。
半年くらい前に観たマルセル・カルネ監督の『マンハッタンの哀愁』などもその一つだが、この映画もそう。
これまで観た成瀬巳喜男作品の数はそれほど多いとは言えないが(7~8本といったところか)、個人的にはかなり好みの監督の一人であり、時間が許せば、もっともっとたくさん作品を観たいと思っている。

これまで観た成瀬作品中では、やはり『浮雲』や『流れる』といった作品が個人的にもベスト。
だが、完成度では劣るかもしれないが、好みではこの作品も決して引けをとらない。
昭和30年代の銀座の夜の空気感(?)がなんとも魅力的だし、とにかく主演の高峰秀子が素晴らしい。
亡き夫のために操を守って、男に媚びないというキャラクターはいかにも彼女らしいが、映画全篇で観られる着物姿の美しさ、立ち振る舞いの美しさは正に眼福。

次から次へと当時の日本映画の名優が登場するのも嬉しい。
個人的には占い師役でワンシーンだけ出ていた千石規子がツボなのだが。
玉井正夫の見事なモノクロ映像、ヴィヴラフォーンの響きが印象的な黛敏郎のテーマ音楽も大変魅力的。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【映画】女が階段を上る時
世界的に知られる日本映画の名匠(故人に限って)といえば、まず黒澤明、小津安二郎、溝口健二の名が並び、その次に位置づけられるのが成瀬巳喜男あたりかと思うが、ワタシが最も惹
URL 2010/12/06_Mon_20:47:24
[172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ