忍者ブログ

ルネ・クレマン監督の『狼は天使の匂い』を国内盤DVD(紀伊国屋書店)で観た感想。

LA COURSE DU LIEVRE A TRAVERS LES CHAMPS』(72年)
d9985525.jpeg監督:ルネ・クレマン
原作:デヴィッド・グーディス
脚本:セバスチャン・ジャプリゾ
撮影:エドモン・リシャール
音楽:フランシス・レイ
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、ロバート・ライアン、レア・マッセリ、アルド・レイ、ティサ・ファロー、ジャン・ガヴァン

実に味わい深い作品である。
ハッキリ言って、派手さはない。
全体を流れる空気もどことなくユルいし、ハラハラドキドキの緊迫感もほとんどないから、サスペンス映画として観れば物足りなさを感じる人も多いかもしれない。
もっともこの作品にサスペンスとかミステリーとかいったジャンル分けは無意味に思えるし、ましてや傑作とか名作とかの形容すらも似合わないような気がする。
人目につかないところで秘かに愛でたい、そんな作品である。

それにしても、チャーリー役のロバート・ライアンの魅力はなんなのだろうか。
3bd518df.jpeg最晩年の出演作だが、若い頃から老け顔だった人だから、ここではあまり老けた感じはない。
しかし、年を重ねたことによって一層渋みが増し、同時に死期の近い年代の男性ならではのセンチメンタリズムも感じさせるのがなんとも魅力的である。
それでいて、決して甘ったるい感傷ではないところにこの作品のロバート・ライアンの個性がある。

そして、そのロバート・ライアンと見事な共演を見せるのがトニー役のジャン=ルイ・トランティニャン
この人の魅力もまた、一体なんなのだろうか。
美男?演技が巧い?存在感がある?どれも当たっているようでいて、もう一つピタッとこない。
先日このブログで紹介した離愁を見た時も思ったが、この人の出演作を見ていると、もしかしたら、この俳優が他のどの俳優よりも好きなのではないかという思いすら抱く。
そう感じる俳優は他にも何人もいるから私の感覚など当てにならないが、ともかくも、そう感じるほどにここでのこの人が魅力的な俳優であることは間違いない。

この主役二人の共演を得ただけでも、この作品の成功は大方約束されたと言えるだろうが、脇を固める俳優たちも素晴らしい。
3dcb0b61.jpegシュガー役のレア・マッセリアンリ・ヴェルヌイユ監督シシリアン(69)での色っぽさが印象に残っているが(ギャバンのセリフ『おい、カミサンにまともな服を着せろ!』は最高)、この作品でも自身の役どころにピタリと合った好演である。
ペッパー役のティサ・ファローのつぶらな瞳もこの作品の世界によく合う。
また、フランシス・レイの音楽も作品を雰囲気を強く彩っている。
国内盤DVDの画質が良好なのも嬉しい。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TBさせていただきました
おっしゃるように、派手さはありませんが、こんなに味わい深い映画もそうはないですよね。
主演の二人は、今まで観た映画の中で一番好きかもしれません。
micchii URL 2009/08/19_Wed_14:54:58 編集
狼は天使の匂い
micchiiさん
TBありがとうございました。
粗を探せばキリのない作品かもしれませんが、そんなところを飛び越えたところにこの作品の魅力がありますね。
とにかく主演の二人が最高です。
マサヤ 2009/08/19_Wed_23:04:19 編集
[350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 マサヤ@管理人]
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ