忍者ブログ

ジャック・ドゥミ監督の『シェルブールの雨傘』を国内盤DVD(ハピネット)で観た感想。

f8f5039b.jpegLES PARAPLUIES DE CHERBOURG』(63年)
監督・脚本・歌詞:ジャック・ドゥミ
撮影:ジャン・ラビエ
作詞:ノーマン・ギンベル
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ、マルク・ミシェル、エレン・ファルナー、アンヌ・ヴェルノン

再見。
前回観た時はつまらなく感じたが、今回観直してみて180度評価が変わった。
これは素晴らしい。
まごうことなき大傑作。
前回感じたつまらなさは何だったのだろう。
人間の感覚などホントに当てにならない…。

内容は典型的なメロドラマだが、無駄のないストーリー展開によって見事なまでに人生が描かれている。
ミュージカル、しかも台詞がすべて歌となっているがゆえの不自然さは今回全く気にならなかった。
なんといっても全篇を素晴らしい音楽で彩ったミシェル・ルグランの功績が大きいが、セットや衣装の強烈なまでの色彩感覚もまことに魅力的である。

cb248cec.jpegジュヌヴィエーヴ役のカトリーヌ・ドヌーヴは撮影時20歳そこそこであり、その姿はさすがに初々しいが、不思議と年齢を経てからの方が綺麗に見える。
また、母親役のアンヌ・ヴェルノンがとてもいい。

宝石商のローラン・カサール役を演じたマルク・ミシェルジャック・ベッケル監督『』(60)でガスパールを演じた俳優である。
最後にジュヌヴィエーヴを裏切りそうでソワソワした(笑)。
同じジャック・ドゥミ監督の『ローラ』(60年)にも出ているらしいので、こちらも早く観なくては…。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
苦手なミュージカルだけど
基本苦手なミュージカルって事で長年鑑賞拒否してた作品でしたが、何気に鑑賞してルグランのサントラの良さに参りましたね。ドヌーヴの美しさとルグランのサウンドの美が上手く溶け合ってて… その勢いで『ロシュフォール…』も鑑賞、ミュージカルに対して少しは心が開いた気がしました。
ジュリアン 2009/08/09_Sun_07:48:20 編集
私も苦手ですが…
ジュリアンさん
私もミュージカルは苦手ですし、この作品も前回観た時はつまらなかったのですが…今回何故か観る気になりました。
そして、すごく良かったのですから分からないものです。
『ロシュフォール…』は前回観て気に入りましたので、また近いうちに観たいと思っています。
マサヤ 2009/08/09_Sun_22:30:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[352] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ