忍者ブログ
既報の通り、東京・京橋の東京国立近代美術館 フィルムセンターにてに『生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美』という企画展がこの秋に開催されます(9月26日[火]-12月10日[日])。

まだ詳細はHPに上がっていませんが、フィルムセンターより発売されている機関誌『NFCニューズレター』第132号(2017年7月-9月号、発売中)に『ジャン=ピエール・メルヴィル展に寄せて ―ある巨匠の作品をめぐる旅路―』というオリヴィエ・ボレール氏による寄稿(?)が掲載されているようです。
オリヴィエ・ボレールは言うまでもなくドキュメンタリー映画『コードネームはメルヴィル』(2008年)の監督。

この機関誌はフィルムセンターの1階総合案内および2階大ホール受付で販売しているとのこと。
郵送でも購入できるようです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
嬉しい悲鳴
来月からメルヴィル関連凄すぎますね。何度でもメルヴィルのお知らせもありがとうございます。
何度でも~で5作品上映なので後の作品はそれ以外なのかとかいろいろ当分悩みそうです。
mon 2017/08/25_Fri_12:43:27 編集
楽しみ
monさん

メルヴィル関連、いつもはサッパリなのに来る時は来ますね。
『ギャング』の上映が字幕等どのようになるかなど、全容が明らかになるのが本当に楽しみです。
マサヤ@管理人 2017/08/27_Sun_12:59:29 編集
ギャングの字幕
チラシを見たところギャングのみ35mmフィルム上映とあったのでいつもの字幕かなあと思ってたのですがどうでしょうね。
またギャングのみ大ホールで二回上映なのでもしかしてもう版権が切れるからとか?とか妄想が止まりません。
mon 2017/08/28_Mon_12:37:28 編集
無題
monさん

ここの会場で『いぬ』を見たことがありますが、日本公開当時か?というような古いプリントでした。
『ギャング』がどうなるか興味が尽きませんね。
マサヤ@管理人 2017/08/30_Wed_10:36:59 編集
[1085] [1084] [1083] [1081] [1080] [1079] [1075] [1076] [1078] [1062] [1066]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ