忍者ブログ

ジャン・ルノワール監督の『ピクニック』を国内盤DVDで観た感想です。

194e4d3b.jpegUne Partie de Campagne』(36年 完成は46年)
監督:ジャン・ルノワール
脚本:ジャン・ルノワール、ギイ・ド・モーパッサン 
撮影:クロード・ルノワール 
音楽:ジョセフ・コズマ 
出演:シルヴィア・バタイユ、ジョルジュ・ダルヌー、ジャヌ・マルカン、ジャック・ボレル、ガブリエル・フォンタン

 
紀伊国屋から出ているDVDを所有しているが、これで2回目の鑑賞。
DVDの画質はとても良い。

助監督に、ジャック・ベッケルルキノ・ヴィスコンティイヴ・アレグレアンリ・カルティエ=ブレッソンという、嘘じゃないかという凄い面々。
様々な事情が絡んだ結果、途中で撮影が中止となってしまった作品だが、戦後プロデューサーのピエール・ブロンベルジェの尽力によって完成した。(ピエール・ブロンベルジェはメルヴィルの『海の沈黙』のプロデューサーでもありました)
僅か39分の映画となってしまった作品なのだが、その見応え、満足感は2時間ものの傑作映画に勝るとも劣らない!

自然、森、川、水、雨、そして性と、ルノワール映画のエッセンスが、奇跡的にブレンドされており、この映画の官能性は、どんなエロビデオよりもエロいんじゃないか、と思う。
DVDには撮影風景が本編以上の長時間収録されているが、それらもなんとも貴重な映像である。
とりわけ、本編以上に濃厚なキスシーンを撮っていたことに驚かされる。
ブランコに乗るシルヴィア・バタイユを正面から捉えたカットの素晴らしさには言葉もない。
ジョゼフ・コスマの音楽も素晴らしく、どこかヴェルディやプッチーニ、マスカーニなどの最上のイタリアオペラを彷彿とさせる。

気になる点は、男優陣のキャラ、風貌にことごとく魅力がない点だが(カフェの主人役のルノワール本人除く)、シルヴィア・バタイユ一人の魅力が全て帳消しにする。
雨のシーンが凄い!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[213] [212] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/23 mon]
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ