忍者ブログ

エリック・ロメール監督の『モード家の一夜』を国内盤DVDで観た感想。

Ma Nuit Chez Maud』 (仏 69年)
監督・脚本:エリック・ロメール
撮影:ネストール・アルメンドロス
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、フランソワーズ・ファビアン、マリー=クリスティーヌ・バロー、アントワーヌ・ヴィテーズ

久々の再見。
エリック・ロメール監督の連作「六つの教訓物語」の第三話に当たる作品だが、彼の初期の代表作とも称される傑作。
というか、ロメール作品で間違いなくベスト3には入る作品であろう。
個人的にはベストかもしれない。
何度も観ている作品だが、とにもかくにもドキドキさせられる。
今回も全く退屈する間もなく一気に観てしまった。

ロメールならではの膨大な会話劇に、カトリックやパスカルについてなど、哲学的、宗教的なテーマが大きなウェイトを占めている作品だが、ハッキリ言って、会話の内容が理解できなくてもいちいち気にすることはない。
乱暴な言い方かもしれないが、映画そのものの面白さとはそれほど関係がないからだ。
現に私はそれらがほとんど理解できなくても、この映画を充分に楽しむことができているのである。

俳優陣も実に魅力的であり、主演のジャン=ルイ・トランティニャンはもちろん、モード役のフランソワーズ・ファビアン(あのジャック・ベッケル監督の未亡人!)、フランソワーズ役のマリー=クリスティーヌ・バローが共に美しい。
また、二人の対照的な役柄の設定も見事である。
今回観直してみて、マリー=クリスティーヌ・バローのデビュー直後とは思えない演技のうまさにも舌を巻いた。
ちなみに、彼女はあのロジェ・ヴァディム監督(1928~2000)の最後の妻だった女優である。

ネストール・アルメンドロスのモノクロ撮影も相変わらず素晴らしく、美しい雪景色をとらえたキャメラは殊更印象的であった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[682] [681] [680] [679] [678] [677] [676] [675] [674] [673] [672]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
[12/02 アキ]
[11/18 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ