忍者ブログ

クライテリオン盤DVD『サムライ』の特典映像に収録されているナタリー・ドロンのインタビューを翻訳して紹介します。
68年4月25日放送のインタビューで、彼女にとって2作目の映画となった『個人教授』(La lecon particuliere)を撮影中のインタビューと思われます。
『個人教授』の監督は、『サムライ』でも俳優としてナタリーと(愛人役で!)共演したミシェル・ボワロンです。
これも何かの因縁でしょうか。
ちなみに、ナタリーがアラン・ドロンと離婚するのは69年のことですから、まだ二人の結婚生活が続いている最中のインタビューということになります。
 



問 サッシャ・ギトリー以来、私たちは、著名な名前をその人自身に相応しいものにする必要のある俳優について話題にします。
ナタリー・ドロンさん、あなたはそれについてどう思われますか?
image9.jpg
ナタリー 
誰か有名な人に関係がある時は、名前をその人自身に相応しいものにすることは容易かったり、また、より大変だったりするわね。
混乱するのも当然よ。
でも、名前に適応しようとしていれば、きっと上手くいくと思うわ。

 問 『個人教授』は、『サムライ』の後、あなたの出演する二つ目の映画ですね?

ナタリー ええ。

問 この作品は、あなたにとってどんな意味がありますか?

ナタリー この映画は、私自身にとって、とても重要な経験なの。
なぜなら、これは、私がこの仕事を本当に続けたいのかどうか、決定するものになるはずだから。

問 この業界には、ある俳優に同じような役ばかりが振られるという傾向があると思います。
あなたの演技がより大きな可能性を示して、“ナタリー・ドロンは一定の役柄しか演じられない”という固定観念を打破することができると思いますか?

ナタリー その通りよ。
私は今度の役を軽やかに、そして、できる限り自然に演じようとしたの。
これは、ある意味、ある役柄を演じることよりも、女優にとってはずっと難しいことね。
役柄はコミカルでもドラマチックでもないけど、私にとっては、シンプルに自然に演じることは、もっとも難しいことだと感じたわ。
キャメラの前で、意識過剰にならずに、ありのままの姿で居ることより難しいことはないわね。

問 『サムライ』での印象からすると、楽しい役柄を演じるあなたを想像するのは難しい気がします。
我々は張り詰めた表情のナタリー・ドロンを見てきましたから。

image11.jpgナタリー そんなことないわ。(笑)
私はとても快活な役を演じているけど、でも、特別快活だったり、タフだったりといつも極端なのよ。
一番難しいのは、変わらぬ調子でいることね。

問 今度の役にすべてを賭けていると言えますか?

ナタリー そうね。私にとっての大部分をね。

問 ドロンという名前以外の異なる名前を使うことを考えたことありますか?

ナタリー ないわ。

問 ずっと?

ナタリー 最初はね。
でも、アランがそれは間違いだと言ってくれたわ。
現在私はナタリー・ドロンであり、それが私にピッタリ合うのよ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ありがとうございます
マサヤさん
ナタリーのインタビュー編はもう少し先になると思ってましたけど
案外早くにUPされたのでビックリです
ご苦労様でした<(_ _)>

このインタビューは離婚前でしたか・・・
そこら辺の感覚がイマイチだったので離婚後かと思ってました
最後の言葉がかなり印象的!
何かの本で読んだのですが、離婚後ナタリーが名前を変えようとした時
ドロン氏がドロンという名を子供のために残しておいて欲しいと言ったとか・・・
ナタリーはそれを守ったのですね
正式に結婚された唯一の女性ですから【ナタリー・ドロン】という名も【アラン・ドロン】同様不滅かと思います

愛人役で大活躍のボアロン監督さん
『学生達の道』『お嬢さんお手やわらかに!』『殿方ご免遊ばせ』は観ましたが
『個人教授』は何となく見逃してます・・・・最近もGyaoで放送されたのですが
今後も観ないような気がします・・・
観たいのは『アイドルを探せ』!探してますが何処にもありません(泣)
Astay URL 2007/09/17_Mon_13:51:41 編集
二人の別れた時期
Astayさん

あれから翻訳が面白くなり始めまして、勢いでやってしまいました。
解釈の難しいところもあるのですが、想像を働かせながらやっています。

ルイ・ノゲイラの『サムライ』には『サムライ』の撮影時には二人は別れていたとのメルヴィル監督の言葉がありましたので、これもてっきり離婚後のインタビューかと思っていましたが、正式離婚は69年だったのですね。
どうなのでしょうね。
メルヴィルの言葉が本当だとすると、このインタビューの時期には二人の関係は冷え切っていたのではないでしょうか。

>正式に結婚された唯一の女性

結果的にそういうことになるのですね。
ドロンはナタリーが女優になるのを望んでいなかったとの話を聞くにつけ、よくぞ『サムライ』で二人の共演が叶ったものだと思います。

ボアロン氏・・・いや、ヴィエネル氏といった方が私には馴染みがありますが(笑)、氏の映画はおそらく1本も観ていないと思います。
『個人教授』観てみたいです。
管理人@マサヤ URL 2007/09/18_Tue_10:17:18 編集
ナタリーについて
マサヤさん
今思い出したのですが・・・
40周年記念DVD『冒険者たち』のジョアンナ・シムカスのインタビュー(特典映像)の中で
ナタリーのことがちょっと出てきますよね

ドロン氏との初対面での印象を語っている箇所で
ドロン氏はナタリーを『冒険者たち』に出演させたかったので
それが叶わなくてちょっと不機嫌だったとか・・・
その場合のナタリーの役ってレティシア???
アンリコ監督のインタビュー(同じく特典映像)でも
レティシアのイメージはもう少し大人の女性を想定していたと語られていたような・・・

私、ナタリーの作品って『サムライ』と『もういちど愛して』しか知らないので
彼女の女優としての実力がイマイチ分かりません
やはり『個人教授』を観るべきなのかも・・
この作品って男性向けと勝手に決め付けて見逃していたのですが
何処のレンタルショップにもありますからね・・・観る可能性30%(笑)

メルヴィル監督は『サムライ』の本の中で
ナタリーが大好き!と褒めちぎってましたから
ナタリー・ドロンってステキな女性だったのでしょうね^^v

Astay URL 2007/09/19_Wed_11:20:29 編集
ナタリーのレティシア?
Astayさん

『冒険者たち』の40周年DVDはまだ買っていませんので、ドロン氏がナタリーを出演させたかったとの情報は初めて知りました。

あの映画のジョアンナ・シムカスは特別素晴らしいですが、ナタリー演じるレティシアも全くイメージと違うというほどではないと思います。
ただ、シムカス嬢のような健康的なイメージはちょっとないような・・・。

私はナタリーは『サムライ』以外では観てないんですよね。
だから彼女の演技力について偉そうなことを言えた義理ではないんですが、『サムライ』に関して言えば、映画初出演とは思えないほど良いと思っています。
また、気が向いたら、彼女の出演作を観てみたいと思います。
管理人@マサヤ URL 2007/09/20_Thu_00:32:59 編集
ジョアンナ~
マサヤさん
前に40周年『冒険者たち』DVDお買い求めになるようなことお書きになっていたので
ご覧になったかと思い書いてしまいました・・・
失礼致しました

ジョアンナの発言は間違いないのですが
ドロン氏はただ単にあの作品にナタリーを出演させたかっただけかもしれませんので
レティシアのような重要な役ではなかったのかもしれません
何時かご覧になったら感想お聞かせ下さい
同じくジョアンナのインタビューの中でデビューのきっかけも語られてますが
何と、ゴダール監督のスカウトだったみたいですね
あと、あの当時彼女の人気と映画の影響で
【ジョアンナ】【レティシア】と言う名前を付けるのが流行ったとか・・・
Astay URL 2007/09/21_Fri_09:11:35 編集
レティシア
Astayさん

『冒険者たち』40周年DVD、そのうち買いますと言ったままだったので、誤解させてしまいましたね。
こちらこそ失礼しました。

ナタリーの『冒険者たち』出演の件ですが、よく考えると、ジョアンナ・シムカス本人の言葉なら、レティシア役ではなかった可能性が高いかもしれませんね。
確かにジョアンナ・シムカスはゴダールの映画にも出ています。
『パリところどころ』というオムニバス映画の1篇で、DVDも所有していますが、メイクのせいか、顔が彼女にはほとんど見えないです。

それにしても、レティシアという名前はいいですね。
『冒険者たち』では最初に名前を聞かれて「レティシア」と彼女が答えるシーンが大好きです。(^^)
管理人@マサヤ URL 2007/09/21_Fri_12:01:49 編集
TV放送
マサヤさん
偶然かもしれませんが・・・
今、NHK・BSの映画劇場のHP更新されていたので見てましたら
『個人教授』が11月13日に放送になってました
これは・・・観ろ!・・・とのお告げでしょうかぁ(笑)
一応HDDに予約録画はしておきます

あと『パリところどころ』も11月2日に放送みたいです
マサヤさんがお書きになってるように
ジョアンナに見えないジョアンナを楽しみたいと思います

ゴダール監督がジョアンナを見初めた理由が
アンナ・カリーナに似ていたから・・・と例のインタビューでジョアンナが語ってます
なので、きっとアンナ風のメイクをしているのでしょうね
楽しみです

ご存知とは思いますが、10月16日には『テキサス』も放送されます
B級活劇とのレッテルを貼られてますが・・・好きです^^v
Astay URL 2007/09/30_Sun_08:59:13 編集
BS
Astayさん
BSの放送予定チェックしていませんでしたが、『個人教授』放送されるのですね。
私はBSは見られないので、代わりに是非ご覧になってください。(^^)

『パリところどころ』にジョアンナが抜擢された理由はそんな事情があったのですね。
確かにあの映画での彼女のメイクはアンナ・カリーナそっくりです。
お確かめ下さい。
管理人@マサヤ URL 2007/10/01_Mon_10:05:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ