忍者ブログ
ジェフ・ベックが76年に発表したソロ・アルバム『ワイアード』。

LPの頃から聴いているから、かれこれ35年以上は聴いているはず。
最近たまたま聴き返す機会があったが、その素晴らしさに改めて驚嘆した。

ジェフ・ベックのアルバムといえば、その前作にあたる『ブロウ・バイ・ブロウ』(75年)の方が歴史的な評価は高いのかもしれない。
私は『ワイアード』の方を先に聴いたせいか、『ワイアード』の方がはるかに好きである。

とにかく捨て曲一切ナシのスリリングな内容で、その先鋭的とも思える演奏ぶりはとても40年前の音楽とは思えない。
個々の楽曲も『レッド・ブーツ』、『蒼き風』、『ソフィー』、『グッドバイ・ポーク・パイ・ハット』、『ラヴ・イズ・グリーン』と名曲名演奏の嵐であるが、ことに今回『カム・ダンシング』の魅力に心底ノックアウトされた。
昔聴いていた頃はここまでカッコいい曲だとは気づかなかった。
グッドバイ・ポーク・パイ・ハット』は言うまでも無くチャールズ・ミンガスの曲だが、ミンガス版よりも好きである。

ジェフ・ベックのライヴには一度だけ遭遇したことがある。
2004年頃に大阪厚生年金会館で観ているが、本当に素晴らしいコンサートだった。
いまだにその時のギターの音が記憶から離れない。

ベックでは『ワイアード』と同じくらい好きなアルバムが実はもう一枚あって、俗にオレンジアルバムと呼ばれる『ジェフ・ベック・グループ』(72年)がそれ。
いつかこのアルバムについても書いてみたい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1105] [1104] [1103] [1102] [1099] [1098]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/22 マサヤ@管理人]
[04/21 i960]
[12/16 マサヤ@管理人]
[12/14 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ