忍者ブログ

ニコラス・レイ監督の『危険な場所で』を国内盤DVD(ブロードウェイ)で観た感想。

On Dangerous Ground』(51年)
監督:ニコラス・レイ
脚本:A・I・ベゼリデス、ニコラス・レイ
撮影:ジョージ・E・ディスカント
音楽:バーナード・ハーマン
出演:ロバート・ライアン、アイダ・ルピノ、ウォード・ボンド、エド・ベグリー、クレオ・ムーア、チャールズ・ケンパー

初見。
同じニコラス・レイ監督のフィルム・ノワール『孤独な場所で』(50年、ハンフリー・ボガート主演)と邦題が紛らわしい。(私だけ?)

これも50年代フィルム・ノワールの傑作として名高い作品であるが、正直、ストーリー的には今ひとつの印象。
ニューヨークが舞台となる前半はかなり良かったのだが、後半のロバート・ライアンの役柄の変化にどうもついてゆけない。
あと、以前『ハイ・シエラ』を観た時も感じたが、どうやら私はアイダ・ルピノが苦手のようだ。
こればかりは好き嫌いの問題なので仕方がない。

バーナード・ハーマンの音楽はさすがに印象的だが、少々大仰で、たまに映像から乖離するように感じられる。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[692] [691] [690] [689] [688] [687] [686] [685] [684] [683] [682]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ