忍者ブログ
アンソニー・マン監督の『仮面の女』を国内盤DVD(ブロードウェイ)で観た感想。

Strange impersonation』(46年)
脚本:ルイス・ハーマン
撮影:ロバート・ピタック
出演:ブレンダ・マーシャル、ウィリアム・ガーガン、ヒラリー・ブルック

面白い。
ありえない展開が積み重なった、かなりぶっ飛んだストーリー展開。
さまざまな要素がごった煮状態で入っており、とても68分とは思えないくらい中身のつまった作品。
さすがアンソニー・マンとしか言いようがない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[926] [922] [921] [920] [919] [918] [917] [916] [915] [914] [913]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ