忍者ブログ
前回に引き続き『25th Anniversary Seiko Matsuda PREMIUM DVD BOX』から、87年5月の武道館コンサートのライヴ映像『LIVE VIDEO Super Diamond Revolution』を取り上げます。

85年6月に聖子さんは最初の結婚、それからほぼ2年に渡る休養に入っていました。
その間には86年10月には娘の沙也加を出産しています。
とはいえ、86年6月にはアルバム『SUPREME』、87年5月にはアルバム『Strawberry Time』を発表、この間にも紅白には出ていたようですので(私は観た記憶がありません)、全く芸能活動をしていなかったわけではありません。
今回紹介する映像は、87年の聖子さん2年ぶりのコンサートツアー『Super Diamond Revolution』から5月の武道館公演を記録したものとなります。(ビデオは87年6月1日発売)

当時も発売されたこのライヴビデオは収録曲13曲、全体で1時間を切る収録時間となっています。
おそらくコンサートの半分程度はカットされているのでしょう。
カットの理由はコンサートの演出(伊集院静)の関係もあるかもしれませんが、後に述べますように、聖子さんの歌唱が不安定だったせいもあるかもしれません。

それまでハードなスケジュールを突っ走ってきた聖子さんが2年間も休養したのだから、さぞ声の調子も良いのかと思ったら、意外にも1曲目の『Strawberry Time』で声が出ていません。
ピッチも不正確。
コンサートが進むにつれ徐々に本調子に近くなりますし、時折素晴らしい声も聴かせてくれますが、コンサート全体の印象としてお世辞にも好調とは言えない感じです。
前述のように休養期間中にも歌う機会はあったとはいえ、やはり2年間のブランクは大きかったのでしょうね。

映像を見る限りではリップシンクも一切ありませんし、全体的に丁寧に歌っていますが、なんとなく歌の世界に入り切っていない印象もあります。
時間旅行』など、発表から間もない頃ですから、昨今よりもエモーショナルな歌を期待しましたが、肩透かしをくらったような感じ。

個人的に、このライヴビデオのクライマックスは『ガラスの林檎』。
レコードよりも少しゆったりしたテンポで、とても丁寧に歌われています。
前半の『裏庭のガレージで抱きしめて』『Dancing Cafe』も貴重ですね。

バックは小倉良氏率いるDang Gang Brothers Band
近年まで続いていた小倉氏との関係はこの頃からでしょうか。
演奏は特にドラムスが良く、バンドの演奏も引き締まっているのが好印象です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[981] [986] [989] [978] [988] [976] [925] [983] [982] [977] [969]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ